FXで完全不労所得。ほったらかしで毎月の安定収入 » FX実践記録 » ギリシャの財政危機とソブリンリスク

ギリシャの財政危機とソブリンリスク

読了までの目安時間:約 4分

最近よく聞く「ソブリンリスク」という言葉をご存知ですか。
ソブリンリスクとは政府や中央銀行などの国家への融資に
おける国家の信用リスクのことです。

国債や政府機関債が債務不履行、つまり回収不能に陥る可能性
の事を指します。債務不履行になると、個人や企業が持っている
国債が紙切れ同然になるんですね。

記憶に新しい「リーマンショック」の金融危機を乗り切るため
先進各国は様々な景気対策と金融救済のためにさまざまな
措置を打ち出しました。

その結果、各国で財政赤字が増大し、国債が市場での信用を
なくして通貨の価値も下落するなど、ソブリンリスクが意識され
だしました。

そしてさらに、ギリシャの財政危機が市場を戦々恐々とさせています。
最近、やたらとマーケットニュースに「ギリシャ問題」というフレーズが
出ますがこれは、2009年10月に政権交代した中道左派の新政権が
09年の財政赤字は対GDP比で12.7%に達するという発表がきっかけです。

それまで財政赤字は国内総生産(GDP)の「4%足らず」と発表していた
のが粉飾であったのです。これはユーロ加盟国の財政規律基準の4倍
以上の数字で ギリシャに対する不信感が一気に高まりました。

当然ながら、ギリシャ国債への売りが殺到し、信用不安は同じく財政
赤字のGDP比率が大きいポルトガル、スペイン、イタリアなどのPIGS
諸国にも波及し株価も今年に入ってかなりの下落を見せており、為替
にも影響が出ているということなのです。

そんななか、ちょっと面白い動画を見つけました。どんな動画かと言うと
ソブリンリスクは投資家にとってはピンチではなくチャンスだったという
解説動画です。

先程説明したとおり、ギリシャでソブリンリスクが発生したという事もあって
ユーロ、ポンドなど欧州通貨はここ数か月の間、下落しっぱなしで実は
リスクの高い通貨だったという事を露呈させてしまったわけですが
チャンスが近づいてきている傾向が出始めてきているそうなんです。

【緊急動画】 ソブリンリスクはピンチではなくチャンスだった!

なるほどなぁと思いますよ。

さて、今日の相場ですが、クロス円が軒並み上昇しています。

FX チャート クロス円

豪ドルは、一時88円台まで上昇しました。86~87円台で「売り」で
仕掛けていたポジションが赤色に染まっています。。

今日は決済無しでしたが、28日から今日までのの結果は2本の
トラップが発生していました。

FX 利益 4/28~4/29

-------------------------------------------------
4月28日~29日の結果
マネースクウェア
4月28日  豪ドル/円 10,000円
4月29日  豪ドル/円 10,000円

合計  20,000円の利益
------------------------------------------------

昨年から、豪ドルばっかりトレードしていますが、さきほどの
動画を見ると欧州通貨もおもしろそうですね。

→ 寝てても稼いでくれる。トラップリピートトレードのマネースクウェアを始めるならコチラへ
→ 高いスワップ金利と売買シグナルが便利のセントラル短資FXを始めるならコチラへ

ブログランキングに参加中です。 → FXで完全不労所得。のランキングは今何位かな?

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人が利用しているFX

マネースクウェア(M2J)

マネースクウェア
特許取得のトラップリピートイフダンがすごい!ほったらかしでトレードをしてくれます。1,000通貨からトレード可能なので資金が少ない人でも安心です。
マネースクウェア公式サイト

プロ仕様EAが無料で使える!


プロが作った高機能EAが使い放題!PCすら起動せずに自動売買ができます。
ゲムdeミラッテラー公式サイト

最近の投稿

カテゴリー