FXで完全不労所得。ほったらかしで毎月の安定収入 » FXを始めたい方へ » FXのリスクを回避する

FXのリスクを回避する

読了までの目安時間:約 5分

FXは、忙しいサラリーマンや主婦でも小額で始められる投資方法だと
説明しました。ただし、当然リスクも存在します。

相場変動リスク

相場が自分の想定とは逆の方向に大きく動いた場合、損失が発生する
恐れがあります。

相場変動リスク

上のリストの黄色いマーカーで塗ってある部分を見てください。
-2,700 -7,100とあります。これが相場変動リスクによる
損失です。ただし、この状態ではまだ決済していないので
損失が確定はしていません。

つまり、損失が出ていても、利益が出ていても、自分で決済処理を
しない限りは確定しないのです。かといって、そのまま放っておくと
相場がそのままの方向に大きく動いた場合、取引会社に強制的に
決済されてしまいます。これをマージンカットといいます。

金利変動リスク

FXでは、買った通貨と売った通貨の政策金利差によるスワップ金利
というものが発生します。このスワップ金利は状況により変動して
いるのですが、場合によってはスワップ金利を払わないといけない
場合があります。さきほどと同じリストを見てみましょう。

金利変動リスク

スワップ金利と書いてある欄に-960-280とあります。
これが金利変動リスクによる損失です。相場変動リスクは決済しな
ければ確定しないと説明しましたが、この金利変動リスクについては
確定しなくても日々損失が膨らんでいきます。

流動性リスク

市場の混乱で通貨の売買が難しくなることがあります。その間に相場が
大きく動いて損失が膨らんでしまうことがあります。これが流動性リスクです。
アメリカや日本などの国ではあまり心配しなくても良いと思いますが、新興国
の通貨は政治・経済・災害・戦争などで発生する確率は高いでしょう。

信用リスク・システムリスク

自分のお金を預けているFX取引会社が倒産してしまった場合の損失などが
信用リスクです。取引会社の選択が重要視されます。現在は信託保全制度
を取っている取引会社が増えてきました。信託保全とは、信託銀行にFX会社
とは分けて証拠金を保管することです。

現在FXはインターネットを利用した売買システムが一般的です。このシステムが
トラブルなどで操作不能になり、その間に損失が膨らんでしまう場合もあります。
これがシステムリスクです。このへんはなかなか最初で判断するのは大変なので
FXをしている方に聞いてみるのが一番です。とにかく、しっかりしたFX会社を
選ぶ事が大事です。

では、上記のリスクをどう回避したら良いのでしょうか。

損失を回避するためには、何と言っても損切りをしておくことです。

損切りとは、トレードをする際に、あらかじめ損失額を設定することです。つまり
自分の予想と反対に相場が動いた場合に「例えば1万円の損失が出たら決済する」
などの決済指示を入れて、それ以上の損失を止めるということ。

FXで損失を膨らます人はたいてい損切りをしていない人です。

「もう少ししたら、また上がるんじゃないか・・・」
「来週は上昇するんじゃないか・・」

と思っているうちに、どんどん損失が膨らんでしまい、最終的には資産を
全て無くしてしまうなんてことも往々にしてあります。

相場は常に上下しています。下がったら、いずれは上がるものです。
だから損切りを入れておきたくない気持ちもわかります。

私自身も過去に2度、損切りを入れておらず、相場が急激に動いたときに
強制決済されてしまった事があります。
 ↓
マージンカット

どうしても、損切りを入れたくないという方は

その場合は、目安として、10円分相場が動いても持ちこたえられる資産
を用意しておけば、ある程度リスクを回避できるでしょう。

自分でリスクを回避できるようになれば、もっと楽しくなりますよ。

次の記事へ→ FX取引の流れ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人が利用しているFX

マネースクウェア(M2J)

マネースクウェア
特許取得のトラップリピートイフダンがすごい!ほったらかしでトレードをしてくれます。1,000通貨からトレード可能なので資金が少ない人でも安心です。
マネースクウェア公式サイト

プロ仕様EAが無料で使える!


プロが作った高機能EAが使い放題!PCすら起動せずに自動売買ができます。
ゲムdeミラッテラー公式サイト

最近の投稿

カテゴリー