FXで完全不労所得。ほったらかしで毎月の安定収入 » FXを始めたい方へ » FXとは

FXとは

読了までの目安時間:約 5分

FXとは、Foreign Exchangeの略称で、外国為替証拠金取引のことです。

では、その外国為替証拠金取引とは何かというと、1998年の外為法改正に
よって新しく誕生した取引方法です。

昔は法整備がなされていなかったので、トラブルが多い取引方法でしたが
2004年の「改正金融先物取引法」によって、問題の多い業者への規制が
厳しくなり、個人投資家が安全に取引できる投資対象に生まれ変わりました。

実際、投資としてどのように利益を上げていくのでしょうか。

海外旅行に行ったことのある方はご存知だと思いますが、日本円を現地の
通貨と交換しますよね。あれが外国為替です。通貨と通貨を交換するレート
は日々変化しています。

ニュースで「1ドル90~91円」とか、「円高」とか「円安」と言っているのを
聞いたことがあると思います。「円高」とは他国に対して、円の価値が高く
なることです。「円安」はその逆です。

例えば、1,000ドルのブランド服を輸入して買うとしましょう。

1ドル=90円なら、日本円で 90,000円です。
1ドル=92円なら、日本円で 92,000円です。

同じ商品を買うのにも関わらず、2,000円も差が出ますね。この例で言うと
1ドル=90円が「円高」、1ドル=92円が「円安」になります。

同じ商品を買うのに、2,000円多く支払うという事はドルに対して「円」の
価値が下がっているという事です。つまり円が安い「円安」なんですね。
簡単に言うとこの差益で利益を得ようというのがFXの投資方法です。

1ドル90円の時にドルを買って(交換して)、1ドル92円の時にドルを売る
(交換する)と2,000円の利益が手に入るということです。

でも、それなら、かなりの元手が必要なんじゃ・・

そう思われますよね。しかしFXの最大のメリットは

少ない元手で、大きな金額の為替取引ができること

なんです。どういう事かというと、証拠金という制度で運用できるのです。

例えば、1ドル90円の時に、ドルを 10,000ドル 買う場合、通常なら
10,000×90=90万円を用意しないといけませんよね。

我々庶民はとてもそんなお金が用意できません(汗)しかし、FXでは
この90万円分の取引をするのに必要なお金は 18,000円ほど(取引
会社により異なる)なんです。つまり、預けたお金の何倍もの金額を
取引できるんです。これをレバレッジといいます。

1万通貨ごとの取引が一般的ですが、最近では1,000通貨で取引できる
会社も出てきましたので、1万円ほどの元手で始められます。

もうひとつのメリットは

24時間取引ができること(土日は休み)

時間にとらわれない為、サラリーマンや主婦の方など、空いた時間に
対応することができます。最近では、主婦がFXで3億円稼いで、脱税
したなんてニュースもありましたね。

あと、個人的にメリットだと思うところは以下の2つ

保持しているだけでも利益が生まれる

これはどういう事かというと、現在日本の金利は恐ろしく低いことは
ご存知だと思います。この記事を書いている時点では 0.1~0.2%
くらいです。銀行にお金を預けても雀の涙です。

ところが、世界には金利の高い国もあります。特に資源国と言われる
オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどは金利が高いです。
例えば、オーストラリアドル(豪ドル)を10,000通貨分保持していると
します。それだけで、金利分80~90円が毎日、口座に振込まれるんです。

土日は為替市場が休みなので、実質22日×90円=1,980円が毎月
増えていく計算になりますね。あくまでも「持っているだけで」です。

銘柄に迷わない

株取引をする場合は膨大な量の銘柄を理解する必要がありますが
FXなら主要国だけの知識でいいです。私の場合は主にオーストラリアと
南アフリカしか取引をしていません。

とにかく、FXは低予算で、忙しい人でも始められる、サラリーマンや主婦に
ピッタリな投資なんですね。

次の記事へ→ FXのリスクを回避する

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

管理人が利用しているFX

マネースクウェア(M2J)

マネースクウェア
特許取得のトラップリピートイフダンがすごい!ほったらかしでトレードをしてくれます。1,000通貨からトレード可能なので資金が少ない人でも安心です。
マネースクウェア公式サイト

プロ仕様EAが無料で使える!


プロが作った高機能EAが使い放題!PCすら起動せずに自動売買ができます。
ゲムdeミラッテラー公式サイト

最近の投稿

カテゴリー